地震ジャーナル最新号
(最新号)
地震ジャーナル(年2回発行)
・【エッセイ】大災害・コロナ・戦争(五百旗頭真)
・東北地方太平洋沖地震から学んだこと-理学的視点から-(松澤暢)
・-津波工学的な視点から紹介-(今村文彦)
・南海トラフ地震発生帯掘削計画が明らかにしたこと(倉本真一)
・津波ハザードステーション(J-THIS)の開発(土肥裕史/中村洋光/藤原広行)
・コロンビアにおける地震・津波・火山災害の軽減に向けた日本の貢献(熊谷博之)
・飛騨山脈の地震活動(大見士朗)
・機械学習と物理モデルのハイブリッドで地震の揺れを予測する(久保久彦)
・津波は地球を揺らす-遠地津波波形解析技術の向上-(錦田辰吾)
・書評
・新刊紹介
・ADEP情報
・【囲み記事】2021年2月13日福島県沖の地震(M7.3)(岡田義光)
・【囲み記事】ジオパークと地震(尾池和夫)
・【囲み記事】地震記者の回想-3-(川端信正)

最新号のダウンロードはこちらへ (PDF 18MB)
バックナンバーはこちらへ