地震調査研究センター
地震調査研究センターは、平成7(1995)年の阪神・淡路大震災を契機として、我が国の地震調査研究を推進するために設置されました。

 断層の詳細位置情報等に関する調査研究の例:
 長野盆地西縁断層帯南端付近(麻績断層)の判読結果
 (国土地理院の数値地図25000「長野」に加筆)
地震調査研究センターでは、
地震調査研究推進本部の評価等支援事業
・ 活断層の詳細位置情報等に関する調査研究
等の業務を行っております。